前へ
次へ

微熱は病院へ行くよりビタミンCと睡眠が最強

冬になると風邪やインフルエンザが流行るので、少しでも喉が痛かったり微熱が出ると、日本人はすぐに医療機関へ走ります。まだ風邪の引き始めや、何となく熱っぽいくらいなら、海外ではすぐに病院に行くことはありません。国の保険の対応の違いもありますが、日本は手厚い保険制度で守られているので、自己負担額も少ないです。一歩外に出てみると、海外では日本のような手厚い保険制度はあまりありません。アメリカなどもそうであり、貧困の差が激しく保険対応で医療機関が安くなるわけではないため、ドラッグストアのサプリメントで対処したり、少しくらいの熱なら寝て治します。人間には本来治ろうとする力が備わっているので、微熱や風邪くらいなら寝ていれば治りますし、ビタミンCと水分冴え摂取すれば病院へ行くまでもありません。最強のお助け役はビタミンCと睡眠であり、しっかりとビタミンをとって水分補給をし、休息をとれば熱は下がり体は復活をします。

Page Top